toggle

詳細profile

斎藤 さと子です。


私の詳細プロフィールです。
長くなりますが、今日に至るまでをご紹介いたします。

━─━─━─━─━─━─━─━─━

私は、神戸で生まれ、東京に引っ越し公立の小学校に入学しました。
その後、父の仕事の関係で小学校1年生の2学期から3年生の1学期までエジプト、そこから小学校4年生の1学期まで、バーレーンに住んでいました。

そこから小学校4年生の1学期まで、バーレーンに住んでいました。

兄弟はおりません、一人っ子です。


今でこそ、中東はサッカーやF1や宗教戦争などで誰でも知っているようになりましたが、当時は情報も少なく、日本とは全く異なる文化の中で、日本人学校とアメリカンスクールに通いました。

今から思うと大変貴重なことだったと思います。

さて、やっと日本に帰国がきまり、4年生の2学期に東京の公立の小学校に転入しました。ここまでで、エジプト、バーレーン、東京と、3回も転校していて、毎回悩まされたのが、

クラスにうまく馴染めるかどうかでした。

やはり、最初はうまく馴染めず、いじめられる事もありました。
担任の先生にも、いじめられている事を相談しましたが、


「我慢しなさい」の一言。

私には味方がいない、私の事を誰もわかってくれる人はいないのだと

決めつけておりました。

母には心配をかけたくなかったので、私が悩んでいる事は親にも言わず、我慢する日が続いていました。

ある日、母に誘われてあちこちの私立小学校を見学に行きました。

いじめられて悩んでいた事を見透かされていたのかと思いましたが、母の思惑は別のところにありました。海外に住んでいる時に、お母さん同士で「帰国子女枠がある大学までの一貫校私立に編入する話」が話題になったそうです。

私は大手塾に通って受験するようなタイプではないと母なりに感じ、受け入れのタイミングが合えば、入学させたいと考えていたようです。

そこから、母は「受験」というと、私がプレッシャーになると思い、何も言わずに、私の勉強を細かくチェックするようになりました。

私は鈍感なので全く気がつかなかったのですが、後々あぁそういうことだったのかと気づきました。

そして、受験をして無事に合格。


5年生から、帰国子女枠のある私立に編入しました。

(これで転校4回、通算5校目の小学校です)

学校は大学まである一貫校なので、受験をする必要はありませんでした。

同じ帰国子女のクラスといってもほとんどが欧米からで中東は私だけ。

やっぱり、公立に転入したときと同じ、

「どこそれ?」という感じでここでも孤独感を感じることがありましたが、いじめは特にありませんでした。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7