toggle

詳細profile

父の生き方への憧れ

転職活動をして、化学品メーカーに事務職として入社し、
やっと確実に週休2日が取れて、安定した生活を得た直後、父のガンが発覚。


母と二人で看病しながら通勤する日々が続きました。

1年間の治療もむなしく、父は他界します。

父は55歳という若さでしたが、仕事に邁進し、
好きなこと(タバコ、お酒、ゴルフ、麻雀などなど)を思いっきりやって


内容濃く生きて風のごとく消えていきました。

そんな生き方もあるのか・・・とうらやましくなりました。

自分の好きなことを仕事にするというのは、ここがきっかけかもしれないと気づいたとき、
高校卒業まで見つけられなかった空虚感が少し軽くなりました。

中東にいた時に培った英語が好きでしたので、英語を使って仕事がしたい!と思ってIT企業に契約社員として転職。

今までの業界とは異色で、パソコンのキーボードをカタカタとたたく音しか聞こえない、男性ばかりの大学の理工学部の延長のような 部署でプロジェクトアシスタントをしていました。

製品の開発部隊の人たちは、大学で学んできたことを仕事に生かしていて、羨ましくなり、そんな人たちと仕事をしているのが嬉しく なり、5年間、深夜残業もいとわず体がボロボロになりながら仕事をしました。

その後、契約終了と同時に退職。

同じような仕事をしようかと思いましたが、体があまりにもボロボロになっていたため、派遣社員と して別のIT企業で、部長秘書兼グループのアシスタントになりました。

部長のリクエスト、メンバーからのリクエストを聞き、秘書同士の人間関係と、気遣うことが多い仕事です。

気遣いが気苦労にかわり、いつしかストレス過多になっていました。

ある日、友人に愚痴を聞いてもらったとき、彼女が通っているアロマサロンを薦めてくれました。

友人は、そのサロンに行って癒されたそうなので、早速私も行ってみました。

ここからアロマへの道へ・・。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7