toggle

詳細profile

無謀とも言える私のフリーランス生活

2009年12月、なんのマーケティングもせず、派遣契約終了と同時に自宅でアロマサロンを開業。

今思えば、無謀と言えるでしょうね。

私の周りにフリーランスは誰一人いませんでしたので、いろいろ調べて、
最初はモニターから集め、ホームページとツイッターで集客をしました。

ケモノ道を耕し、舗装道路にかえていく地道な作業です。


SNSでセラピストの講習があったら参加して人脈を作り、

先輩たちからアドバイスをもらい、徐々に地元の方にも知っていただけるようになり、お客様がくるようになりました。

軌道に乗るというほどではありませんでしたが、フリーランスで好きな仕事をする、ということに楽しみを感じ始めていました。

また、アロマボランティアとして介護施設に行くなどして、人とどのように接していけばいいのか、技術を腕を磨くノウハウなどを学びました。

独立開業して、順調に来ているかなと思いながら1年たった頃、ファッション雑誌掲載のお話をいただきました。

2011年の5月掲載予定でお願いをしていた直後、どうも鼻の調子が悪くなりました。

耳鼻科で診ていただいたら、アロマテラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)に反応して、炎症をおこしているのではないか、との疑いが出ました。

「このまま四六時中使い続けていると炎症が悪化する」というショックな診断を受け、このまま廃業になったときのことを考え、やっと縁を切ったはずの派遣会社に再び連絡し、事務職として従事しながらサロンを続けるというスタイルに切り替えました。

震災とボランティア

その直後、3月に東日本大震災が起こり、サロンの経営が危ぶまれました。

あの当時は先輩セラピストですら、「廃業を考えた」というくらい、予約が入らなくなり、先輩がそこまで思うくらいなら、私なんてつぶれて当たり前だと思っていました。


しかし、震災による精神的緊張から寝られない方が出てくるなど、予約がぽつりぽつりと入り、幸いにもサロンを続けることができました。


その間、ブログでつながった方達と、被災地へアロマボランティアに行きませんかというお誘いをいただき、5月と7月に訪問しました。


報道と違う現実に驚いたり、現地の方達の温かいお心遣いにこちらが恐縮してしまったり・・・。

そんなギャップを感じながら、被災者の方のトリートメントに携わりました。

ボランティアから得た経験はとてつもなく、大きな宝物となりました。

サロン移転と結婚

ボランティアから得た経験を活かしつつ、実家でサロン活動をしていましたが、ちょっと手狭になったのと、実家が駅から遠く、夜遅くの対応が難しいので、

2012年、神楽坂に自宅兼サロンを引っ越しました。

平日は派遣OLとして働き、週末は自宅サロンとして、セラピスト仲間で集まって技術交換会をしたり、ボランティアに行ったりしながら、活動をつづけていました。

その後、

2012年に主人と出会って半年、交際5ヶ月、40歳で結婚。
(詳しくは、「40歳で結婚シリーズ」をご覧下さい。)


2013年、新居&サロンを武蔵野市に移転。


結婚を機にOLをやめて、アロマセラピストと専業主婦をしておりました。

再び派遣OLに戻るまでの半年間、新居を武蔵野市に移し、サロン用の部屋を主人に用意してもらいましたが、今まで住んでいた神楽坂と武蔵野市では、住民の年齢層や家族構成に違いがあります。

神楽坂は、一人暮らしの方が多く、最近でこそ分譲マンションが沢山出来て、
若い核家族が増えつつありますが、まだまだ「商業・観光のまち」です。

一方、

武蔵野市は、「住みたい町NO.1」に選ばれ、ファミリー層や富裕層が多いなど、典型的な住宅街です。


一から集客し直しが必要と感じました。

子供がいれば、ママ友を通じて地元コミュニティーをすんなりと作ることもできたでしょうが、実際は、周りに知り合いはおらず、お客様からの予約を待ちつつ、専業主婦をする日々・・・。

気づけば、外に一歩も出ない日もあったりして外界から切り離されたような気持ちになりました。

それでも、少しずつですが、

2009年に荻窪の実家でサロンを始めてから、神楽坂に移転後も様々な働く女性の方にお越し頂き、おかげさまで 「手が温かくて、丁寧で安心」

「溜め込んでしまった疲れが吹っ飛び、顔の血行がよくなって頭もすっきりしました」

「生理不順だったけれど、トリートメントを受けた翌日に生理が来ました!」

「低体温症気味なので漢方を飲んでいるのですが、次の日は起きてからすぐ身体がぽかぽかしていました」

とご好評を頂いてまいりました。

そして、2014年8月より三鷹にリニューアルオープンし、 荻窪・神楽坂時代のお客様がリピートして下さるほか、武蔵野・三鷹周辺のお客様にもご好評いただいております。

image


エフェクティブタッチ(R)との出会い

私は元々腰痛持ちなのですが、それをかばうようにして、自分なりにトリートメントを工夫してきました。

が、実はそれが逆効果になっていて、2時間のトリートメントに耐えられなくなっていました。

なんとかいい方法はないかと、ネットで探していたとき、エフェクティブタッチ(R)を見つけました。


このタッチは、アロマテラピー界では重鎮のケイ武居先生と、小澤智子先生が監修しているタッチング(トリートメント手技)です。

縮んだ筋肉にアプローチをすれば、強いマッサージをしなくても、解剖生理学に基づいた優しくなでるようなタッチングでも、人の体はかわっていくというものです。

体験会に参加して、目からうろこが落ちる施術法であったため、8月からのクラスに入学することにしました。

徹底的に姿勢や、力の掛け方などをチェックされるおかげで腰に負担のかからない技術を身につけることができるので、思い切って、入学し、半年間通いました。

その間、学費を稼ぐことと、腰痛の悪化からサロン活動が出来なくなった時を考えて、改めて派遣で仕事を探し、OLとアロマセラピスト+主婦の3足のわらじをはき始めました。

2013年末にエフェクティブタッチの試験と実技試験を受けて、年明けに合格したことをきっかけに、3足のわらじからアロマセラピストへの一本化に向けて、8月からサロンを再開することになりました。


エフェクティブタッチ(R)は体に負荷がなく、お客様には優しくなでるようなタッチングで、おからだのバランスを整え、セラピストにとっては体に負荷がかからないので、疲れにくいというメリットがあります。

今後、手技を教える機会があったら、
是非このエフェクティブタッチ(R)を教えたいと思って、

2015年、エフェクティブタッチ(R)ボディーベーシックインストラクターを取得し、時折、後進の指導を担当いたしました。

さらに、2017年1月に
エフェクティブタッチ(R)認定上級インストラクターを取得。
今後は、自宅サロン、並びに神楽坂のエフェクティブタッチスクールで
手技の他に、理論、ボディリーディングの指導をいたしました。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7